読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

elm200 の日記

旧ブログ「elm200 の日記(http://d.hatena.ne.jp/elm200)」

海外に対する思い

パスポートを確認してみたら、私はもう4年以上海外に出ていないことがわかった。4年間。長いものである。最近では海外どころが関東からさえも外に出ていない。

私は本当に物欲がない。今風にいえばミニマリストというところだろう。こんな私がただひとつ抱いているのが、海外への思いである。私は、海外に住みたいのだ(海外旅行ですら十分ではない)。それが唯一の欲望であった。

なぜ4年間も海外に行っていないのかといえば、かつて海外に行きすぎて、破産しかけたからである。海外との関わりは、私を経済的に豊かにはしなかった(精神的には満たしてくれたけれども)。それで4年前、財務を立て直すために、海外に行くことをやめたのである。

いまは日本社会で安定した仕事も持って、経済的には満たされるようになったものの、精神的には満たされないものをいまだに抱えている。

日本社会にはいいところがたくさんある。それを認めないのはフェアではないだろう。だが、それでも私は満たされないものを感じている。これは、良い悪いの問題ではなく、マッチングの問題なのだ。

私が、日本社会で不満を感じるのは、ほぼ日本人だけの均質的な社会であること、集団のために個人が犠牲にされる傾向が強いこと、英語ができず考え方が内向きなところ、仕事の進め方が合理的でなく長時間労働を強いられること等々だ。その中のいくつはいずれ変わっていくだろうが、多くはそのまま残るだろう。良くも悪くも日本はそういう国なのだ。

日本にもいいところはある。治安がよく安全だし、さまざまな顧客サービスのレベルが非常に高い(もちろん従業員の犠牲の上に成り立ってはいるとはいえ)。お客さんとして住むにはよい国なのかもしれない。

日本の本質が変わるのは無理だし、その必要もないと思う。それが世界の国々の中での個性というものだ。実際、こういう日本が好きで、やって来る外国人たちも大勢いる。日本が変わってしまうことで、彼らを失望させるのも忍びない。

その一方で、日本に生まれ育ちながら、日本社会に強い違和感を覚えている日本人もいる。そういう人たちは、なるべく外国に行ったほうがいい。ただ、これは言うほど簡単でない場合もある。たとえば私にとっての困難は、海外で長期に安定して住むためのビザ(査証)が取りづらいという点にある。海外で働くためにいちばんよい方法は、大企業の海外部門(現地企業)で働くことだ。国家は、大企業を信頼しており、比較的容易にビザが取れることが多い。ただ、いままでの私は、企業(特に大企業)で働くことを避けて通ってきた。できれば、フリーランスとして海外に住みたかった。だが、それは現実にはほとんど不可能だ(もちろん、非合法な形で海外に滞在することは想定していない)。

私が海外との関わりを事実上断っていたこの4年間にも多くの出来事があった。シャープの海外企業への身売りに象徴されるように、日本の製造業の凋落が誰の目にもあきらかになった。各種指標は、世界の中で、日本の相対的地位が下がり続けていることを示唆している。一部の若い人たちは、海外での学んだり働いたりすることを真剣に検討し始めている。これらの動きを日本社会に新しい風を吹き込むものとして、私は肯定的に捉えている。

私も、そろそろ短期の海外旅行をするあたりから、ふたたび海外との関わりを取り戻そうか、と考え始めている。

年齢に対する新しい考え方

私は、今年6月に47歳になる。もう50歳まで3年となった。自分が子供のころ、50歳と聞けばかなり老いた印象があったが、当時のイメージに比べると自分がそこまで年老いた感じはまだしない。

「○○歳の平均余命」とは、「○○歳の人が平均してあと何年生きるか」という数字である。

男性の平均余命 0歳 20歳 40歳 65歳 75歳
1960年 65.32 49.08 31.02 11.62 6.60
2010年 79.64 60.07 40.81 18.86 11.58

これは、厚生労働省が発表している平均余命の推移からの抜粋である。1960年から2010年にかけて、20歳の人の平均余命は、49年から60年へ約11年伸び、40歳の人の平均余命は、31年から41年へ10年ほど伸びている。概して男性は、この50年間で、約10年ほど寿命が伸びていると言えるだろう(女性に関しても同様の傾向があり、かつ、男性より常に余命は長くなっている)。平均して、1年に 0.2 年ずつ余命が伸びている計算になる。

これについて別な言い方をすれば、1年余計に歳をとっても、0.8(=1-0.2)年分しか死に近づかないということである。たとえば、2010年において40歳の男性は平均してあと約41年生きることになっているが、おそらく現実にはさらに長く生きることになるのではないだろうか。

私たちの年齢に対する感覚は主に子供のころの大人たちの言葉に影響されて形成されてきた。「○○歳になったら結婚するものだ」「○○歳になったらもう転職は出来ない」「○○歳になったら新しいことには挑戦するのは無理だ」等々。私は、年齢が人生上の意思決定に無関係とは言わない。人間も生物である以上、一定の時間をかけて成熟した後、一定の時間をかけて老化していき、やがて死に至るのはやむを得ない。ただ、最近は栄養や医学の向上によって、平均余命が伸びて、より健康に長く生きることができるようになってきているのも確かだ。だから、私たちが持っている常識を常に補正しながら考える必要があるだろう。

もし常識というものが、過去のある時点では真実だった知識だとすれば、ひょっとしたら、私たちが年齢に対して持っているイメージは例えば50年前の平均余命に基づいているのかもしれない。だとすれば、私たちが「○○歳ならこれこれすべき」と思っているその「○○歳」から10歳くらいを引くとちょうどよいのかもしれない。つまり、今の50歳は昔の40歳であり、今の40歳は昔の30歳くらい、というわけだ。

そう考えると、私は今年47歳になるけれども、50年前の37歳とほぼ同等というわけだ。それならば、まだまだ働き盛りであり、どんどん新しいことも覚えていかなければならないだろう。

私は、日本社会にうまく馴染めず、組織に長期間所属することができなかった。結果として、私は、組織の中で出世することもなく、管理職に就くこともなかった。管理職に就けなかったから、私はずっと現場の仕事(=プログラミング)しかできなかった。

しかし、「人間万事塞翁が馬」とはうまく言ったものだ。私は、いわゆる「偉い人」になって下からちやほやしてもらうということがなかったので、見栄を張る必要がなく、いつでも気兼ねなく新しいことを覚えるため初心者に戻ることができた。組織の上に行けなかったために、いつでも自分より若い人たちと一緒に仕事をして新しいアイディアを吸収することができた。現場仕事ばかりしていたために、市場価値の高い技術力をずっと維持することができた。

高齢化社会」に対する世間一般のイメージは明るいものではないかもしれない。ときに高齢者が疎まれてしまうのは、過去の物事に固執して若い人たちを悩ませるからだろう。だが、人々の寿命が伸びるこれからの時代は、高齢者のほうが若者に歩み寄る必要があると思う。私は、中年になって、古い事柄に固執する人たちの気持ちも理解できるようになった。これは「特定の環境に対する過剰適応」なのだ。「いままで長時間投資してきた、ある特定の環境においては、非常に高いパフォーマンスを発揮するが、それ以外の環境に適応する能力を失った状態」と言いかえても良い(機械学習における「過学習」状態にちょっと似ている)。

こういう状況に陥らないためには、定期的に自分が慣れた環境を自ら壊してみる必要がある。感覚的にいえば、環境の20%程度の部分は絶えず変化させていくべきだ。そうすることで、変化に対応する能力を失わずに済むようになるだろう。

かつて、高齢者は希少な存在だったから、若い人たちに敬ってもらえた。だが、これからは数も多いから、高齢者というだけで尊敬してもらうのは無理だし、高齢者自身がよい社会の一員たるべく努力する必要があると思う。高齢者も周囲の人たちも意識を変えていく必要がある。私は、過去の価値観を振り回し、若者の揚げ足を取るような高齢者にはなりたくない。願わくば、自分の気力や体力が衰えていくのは受け入れつつも、自分のできる範囲で絶えず新しいことに挑戦しつづけるような高齢者になりたい。

というわけで、いまは私は機械学習に関する知識を吸収しているところだ。上でも述べたとおり、私はいままで何十回と仕事や住む場所を変えてきたおかげで、中年になっても、新しいことに挑戦するためらいがない。私は、本当に運がいい。今年は、なんとか機械学習関係の仕事を始めたいと思っている。これからの社会は指数関数的に多くのデータを生み出すようになっていくし、それを処理する計算資源もどんどん増えていくから、データから有用なパターンを見出す機械学習に対する需要はますます高まるだろう。なにせその先にある(汎用)人工知能は、たいへんロマンがあるし、一生を捧げるに値するテーマだと思っているから。

徒然なる思い

昨日、そういうタイトルでブログをはてなダイアリーで書いていた。

私にしては珍しく、ブラウザー上で直接書いていたのだったが、ちょっとした技術的な手違いでその文章を失ってしまった。それで私は最終的に踏ん切りがついた。「はてなブログへ移動しよう」と。

だから、これからははてなブログに文章を書いていこう、と思う。

私は、長い間ブログが書けなかった。

約10年前、私は外国に行き、そこでブログで言いたい放題言った。 6年前、日本に帰ってきたが、その後もいろんなことを試した。比較的うまく行ったこともあまりうまく行かなかったこともあった。そこで私は無数の人たちと出会い、いろんな話をした。それはとても楽しかった。私は、ときに怒りを覚えることもあったけれども、自分の気持ちに素直に正直に生きていたと思う。

この生き方にはひとつだけ欠点があった。うまくカネが稼げなかったことだ。

私は、どうしてもうまく稼げずに、貯金が底を尽きかけた。私は、フリーランスのソフトウェアエンジニアとして再び働く決心をした。幸い顧客に恵まれ、いまはすっかり経済的に安定するようになった。ただ、この金欠への恐怖はいまだに心にこびりついている。だから、経済的な面で私はだいそれたことを言うつもりもないし、言うべきでもないと思っている。

金欠は私にいろいろ大切なことを教えてくれた。私は、現実が見えていないという意味で傲慢だったのである。謙虚さを欠いていた。

謙虚であることは、萎縮したり、受け身であることは違う。ただ、私はいままで謙虚に現実を見つめながら、主体的・能動的に生きたことがないので、どうやったらそれができるのかよくわかっていない。きっと最初からうまくやれるなんていうことはないのだろう。少しずつやっていくしかないのだろう。

私はいま機械学習に興味を持っている。

中学時代に人工知能に興味を持っていたのがその原点だ。 また、大学時代に学んだ経済学とも接点がある。 私は、ずっと経営というものに興味があり、それゆえに米国公認会計士の資格を取ったのだが、それとも接点がある。

最近、私は Coursera という米国の有名なオンライン学習サイトで機械学習のコースを修了した。 qiita.com

私はいままでウェブ制作の仕事をしてきた。だが、今後は徐々に機械学習方面に仕事を移していきたいと考えている。

正直、機械学習分野は、仕事としてはどういう状況になっているかはよくわからない。そもそもフリーランスとして働くことが可能なのかどうかも。いずれにしろ、私は、この分野の学習をし、その成果をインターネット上に発表し、勉強会等の出席することで、少しずつ仕事のつながりを作っていくつもりだ。

はてなブログのテスト

ひさしぶりの投稿なので、まずはテスト。

「鉄血のオルフェンズ」が熱い

g-tekketsu.com

ガンダム・シリーズの最新作である「鉄血のオルフェンズ」が熱い。

いろんなところで言われているように、「泥臭い」感じがとてもよい。

例によって、これは「ガンダムか、ガンダムじゃないか?」みたいな議論が起こっているが、本当にどうでもいい。 戦闘シーンは良く出来ていると思うが、それは私が惹かれる一番の理由ではない。ロボットの造形に関しては、私はほとんど無関心である。

私は、脚本がとても良いと思う。

特に、主人公・三日月と、ヒロイン・クーデリアの対比が非常に効果的だと思う。

三日月は、民間の軍事警備会社で働く少年。孤児であり、教育は全くない。文字さえ読めない。

http://g-tekketsu.com/character/img/01.png

一方で、クーデリアは、火星自治区のリーダーの娘であり、金持ちで生まれつきのエリートである。火星の大学を優秀な成績をあげつつ、飛び級で卒業している。

http://g-tekketsu.com/character/img/12a.png

まさに、およそこれ以上はないほど対極の境遇の二人である。

「彼ら」と「私たち」

言葉遣いの違いに二人の考え方がよく現れている。

クーデリアは、「彼ら貧しい子どもたちを救わなければならない」と「彼ら」という。

それに対して、三日月は、「自分の命も、みんなの命も大切だ」「俺の仲間を馬鹿にしないで」と「私たち」という。

クーデリアにとって、守るべき相手は「彼ら」であり、自分はそこに属してはいないのだ。ここに、彼女の理念的で理想主義的な性格がよく表現されている。一方で、三日月にとって、守るべき相手は常に「自分と仲間」つまり「私たち」なのだ。三日月には、学問はないので、鳥瞰的に物事を見て、理想を語ることはしない。ただ、目の前の苦難を乗り切って、自分と仲間を守っていくことにしか関心がないのだ。

この二人が会話をすると、どこまでも大地にしっかり足のついた三日月に対して、火星屈指のインテリであり才色兼備のクーデリアはまるで歯が立たない。自分がただの理想主義者で現実を変えることに何の力もないことを思い知らされるからだ。ただ、クーデリアは賢いので、これから三日月から、火星の過酷な現実を学び、大きく成長していくのであろう。そして、異性としても惹かれていくではないだろうか。今後の展開が楽しみだ。

私が「鉄血のオルフェンズ」で好きなセリフは、ビスケットの「勝つかどうかはわからない。われわれは、負けないように抗うことしかできない」というもの。これも、貧しい境遇に育った子どもたちの生き方を一言で表現している名言だ。

こういうふうに、「豊かな者」と「貧しい者」を対比させて、登場人物に奥行きを与えているこの脚本はとても優秀だ。

まだ2話しか放映されていないが、名作の予感がする。

アニメ制作会社は寄付を受け付けるべきだ

togetter.com

私もまさに同意見だ。

最近、私は気軽な娯楽としてアニメを見まくっている。正直に言って、アニメを見る方法はいまの時代いくらでもある。TVの放映を見逃しても、合法・違法の違いはあれど、さまざまな方法でインターネットでアニメを鑑賞することはできる。

私は、今年は、春期の「響け!ユーフォニアム」に感動して、Blu-ray の第1巻とサウンドトラックのCDを購入した。締めて約1万円。

anime-eupho.com

だが、その1万円のうちいったいいくらが、この作品を作るのに本質的な役割を果たしてクリエーター(監督・脚本・アニメーター・声優・制作進行)の人たちの懐に入るのか?おそらく多く見積もっても2割くらいではないのか?ひょっとしたらもっと少ないのかもしれない。

私は、円盤のプレス会社やアマゾンや宅配便の人々に金を払いたいわけじゃないのだ。次に、さらに素晴らしい作品を作ってもらうために、クリエーターの人たちを支援したいのだ。

正直、Blu-ray や DVD には魅力を感じない。技術的にいって、インターネットで視聴したほうがよほど簡単だし使いやすいからだ。とくに Blu-ray の技術は使いづらい。実は、私は Blu-ray プレーヤーさえ持っていない。だったらなぜ「響け!ユーフォニアム」の Blu-ray を買ったのか。

これは、純粋に「お布施」なのだ。だが、非常に効率の悪いお布施だ。クリーエーターの手元に届く割合が小さいからだ。

お願いだから、アニメ制作会社は、寄付を募って欲しい。私は、好きなアニメ制作会社には、(多額とまではいえなくても)寄付する用意があるから。金額が大きくなくても、何もしないよりずっとマシじゃないだろうか。

どこまでも爽やかな「TARI TARI」

http://taritari.jp/goods/img/goods_taritari_cd_2.jpg

評価 ★★★★☆(4/5)

舞台は江ノ島。高校三年生の女子3人、男子2人がいろんないきさつを経て、合唱部を作り、いろんな事件を経験していくという青春ストーリーだ。

キャラクターデザインは、SHIROBAKOでおなじみの関口可奈味さんで、とても爽やかな絵柄だ。キャラクター描写も優れていて、登場人物一人ひとりに感情移入できる。

現代のアニメらしく、合唱部(正確には、合唱ときどきバドミンドン部、だが)は、女性優位。3人の女性メンバーが残り2人の男の子たちを常にリードする。この3人の女の子が、田中という男の子をからかう姿が、すごくリアルな女子高生ぽかった。そうそう、よくアニメに出てくる「○○君」なんて呼ぶおとなしいお嬢様的な女の子なんて、リアルにはまずいないよね。そういう意味で、この作品の人物造型はかなりリアルというか実写寄りだった。というか、なんかアニメを見ているはずなのに、実写のドラマを見ている錯覚にとらわれるような、そんな作品。

合唱がテーマではあるのだが、実際それほど全面に出てきたわけではない感じかな。私からすると、この作品の音楽的側面はそれほど印象に残らなかった、というのが正直なところ。ちょっとこの作品について、そう言ってしまうのはどうかとも思うんだけど。

人物描写・背景美術は文句なしに美しく、爽やかだった。あえて難を言えば、ストーリー展開。学校が突然廃校になってしまうのは、日本の現行法からしてあり得ないので、ちょっとついて行けなかった。もうちょっと穏当な方法で、盛り上がりを作ることはできなかったのか。この点、★をマイナス1したけれども、こういう青春ドラマの王道を行くような作品を高く評価する人たちがいるだろうことは理解できる。